確認

ある物件で地鎮祭(じちんさい)まで終っていたのになかなか基礎工事が始まらないと思っていたら所有者の方と話す機会があり、内容がわかりました。市外に家を建築をしたので建物を解体をして売りに出したら、すぐに買い手が付き売買契約をしたそうです、しかしいざ建築の段階で、その家で自殺者があったことがわかり買主がキャンセルを申し出たそうです。仲介業者からはなぜに教えてくれなかったかと責められ(金銭面でも)大変だったとの話でした。所有者いわく業者からは何も聞かれなかったので、言わなかったと話していました。物件を預かるときは所有者にはこの土地・建物で事件はなかったですか?と必ず確認をしましょう。自分の身を守るためにも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)