地方議員を厚生年金に?またもや税金投入?

今朝の(21日土曜日) のみのもんた司会のテレビで地方議員の議員年金が2006年に廃止になっているのに、総務省の見直し案で地方議員の国民年金を見直し厚生年金に変更する見直しを検討しているとのこと、厚生年金は企業と本人の折半で負担をしているのであるが、企業=国民の税金になっているのだ、何でもうまい具合に解釈をして自分たちの特権を確保するのだろうか?

総務省に提案をしているのが全国町村議員連盟(正確ではないかも)の事務長さんでした。其の方のインタビューがありましたが「、国民年金では生活ができないので、提案をしている」

みんな国民年金の方々はそれで頑張っているのに。